HOME & Special Products 商品情報 ホテルレストラン用品 会社情報 会社情報
全般
全般
アルミ鍋
魚焼器
フライパンカバー
天ぷら鍋
IH(電磁調理器具対応品)
オイルポット
その他
Frequently-asked Questions
Q&A オイルポット


熱い油のほうが濾過しやすいのですが。。。

油は温度が高いほうが低粘度になりさらさらと濾過しやすくなります。
しかし、オイルポット本体が急激な温度変化により膨張・収縮し、濾過枠が脱落の恐れや、思わぬ火傷の恐れがあります。 安全上の理由から、冷めてから濾過して下さい。
サビた

本体はスチール製の上にフッ素コートの表面処理をしていますが、加工時にコーティングの届かない部位や、薄い部位に水分が短時間でも残りますと、サビの発生する恐れがあります。フッ素コートは使用頻度や加熱状態によって劣化が始まり、次第に効力が失われます。

初めてのご使用時には水洗いの後、すぐに水気をよく切り、拭き取り乾燥してください。
濾過中枠がアルミタイプの物もございます。    →OK−2 クッキンポット
油の匂いが変。。。。

オイルポットは油の鮮度を保つ構造にはなっておりません。
使用状況、保存環境により酸化や変色の恐れがあります。
また、揚げ物などの沈殿物がたまる恐れがあります。出来るだけ早くお使いください。
取っ手がグラつきだした。。。

取っ手がグラついてきた時は、ご家庭のドライバー等で締めて下さい。
尚、ネジを締める際、締めすぎには十分注意してください。破損の恐れがあります。